待望の初キャップで好セーブ連発のGK中村航輔、劇的勝利に笑顔「いい仕事ができた」

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、この試合で日本代表デビューを飾ったGK中村航輔(柏レイソル)が手応えを語った。

試合では好セーブを幾度となく連発し、あわや失点かというシーンを何度も救った中村。「いい準備ができて、ボールもしっかり見えていたので、いい対応ができたと思います」と振り返る。「非常にパワーのある相手だということだったんで、それは気を付けながらやってました。1試合だけですけど、ゼロで抑えたのは本当に良かったと思いますし、これからも継続していきたいと思います」と力強い言葉を発した。

中村の奮闘もあって無失点のまま迎えた後半アディショナルタイム4分、井手口に待望の先制ゴールが生まれた。「前線の選手がパワー出してくれて、最後の最後、苦しい中で点を取って、チームとして勝つことができて良かったです」と笑顔を見せる。

これまで代表に呼ばれながらも、試合出場は果たせていなかった中村。「結果を出すことがまず一番だったんで、それは良かったですね。ゼロで抑えられたので、ディフェンスの選手としていい仕事ができたんじゃないかと思います」と納得の表情だ。

今後の課題について問われると、「全てにおいてレベルアップするのが当然のことだと思っていますので、1つずつやっていきたいと思ってます」と答えた。