川崎フロンターレ、市章カラーを基調とした「川崎市制90周年記念ユニフォーム」を発表

2012年に就任した風間八宏監督のもと、徹底したポゼッションスタイルで2013シーズンは3位の成績を収めた川崎フロンターレ。リーグ得点王に輝いた大久保嘉人は日本代表としてブラジルW杯に出場し、グループステージ敗退を喫したチームの中でも、クラブで培った狭いスペースを崩すための技術やポジショニング、点取り屋らしい積極的なプレーが光った。 J1ではここまで8位につけており、7月15日(火)にリーグ再開初戦となるアウェイでのセレッソ大阪戦に臨む。(その前、7月12日に天皇杯の2回戦あり) その川崎が、ホームタウンである川崎市の市制90周年を記念した新ユニフォームを発表している。 Kawasaki Frontale 2014 Puma Special デザインは チェック柄の2014ホーム(1st)をベースに、川崎市の市章カラーの青を基調とした、初めてとなるクラブカラー以外のユニフォーム。 ここまで大久保(8得点)に次ぐ6得点をあげている小林悠。右袖には通常のホームタウンマーク「KAWASAKI」に代わって入れられた「川崎市制90周年ロゴ」が見える。 また、全体に川崎市市章が散りばめられており、背中の1か所にだけ“隠しデザイン”として川崎市の地形とマスコットの「ふろん太」をモチーフにしたマークが入っている。 「川崎市制90周年記念ユニフォーム」は、川崎市制90周年記念試合となる7月27日(日)のアルビレックス新潟戦を皮切りに、8月2日(土)の柏レイソル戦(※この試合のみアウェイ)、9日(土)の浦和レッズ戦で着用予定。 受付は、本日6月28日(土)の10時から7月6日(日)の19時までで、650着の限定販売となっている。詳しくはクラブの公式サイトから。

Read more

横浜F・マリノス、カップ戦用の2015新ユニフォームを発表

18日、第23回のJリーグヤマザキナビスコカップが開幕。今季もACL出場の4チームを除く14チームが2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2チームとACL組の計8チームによって決勝トーナメントが行われる。 その戦いを前に、横浜F・マリノスが今季のカップ戦で使用する新ユニフォームを発表した。 Yokohama F. Marinos 2015 adidas Cup Home ホームは、世界に拡がる港町・横浜の海を紺で表現し、“スリーストライプス”やサイドパネルに従来の青を取り入れたデザイン。 クラブカラーである「冷静さと港町・横浜の海」を表す「青」を更に凝縮し、「相手を圧倒する大海」をイメージしている。 Yokohama F. Marinos 2015 adidas Cup Away 今季の通常ユニフォームでは驚きの金色を採用したアウェイ。カップ戦用ユニフォームでは、ユニフォーム全体で伝統のトリコロールカラーを強く意識したデザインを採用した。 「集中力」を象徴とする白をメインとし、「冷静さ」の青、「瞬発力」の赤を散りばめた形となっている。 …

Read more

“最強”ベルギー、EURO2016に向けた新ユニフォームを発表!

豊富なタレントを揃え、近年欧州で最も安定した成績を残している国の一つ、ベルギー。 2014年のワールドカップは惜しくも準々決勝でアルゼンチンに敗れたものの、EURO2016予選ではウェールズやボスニア・ヘルツェゴビナなどを抑えグループ首位通過。そして今月5日に発表された最新のFIFAランキングにおいて、史上8カ国目のランキング1位に輝いた。 まさに現在最強、EURO2016でも優勝候補の一角として注目されるベルギーが9日、本大会に向けた新ユニフォームを発表している。 Belgium 2016 adidas Home ベルギーは昨年のワールドカップ後にadidasと契約。その初代モデルはテンプレートを使ったシンプルなデザインだったが、2代目のホームはやはり凝ったデザインを投入してきた。 赤・黄・黒の国旗カラー3色を大胆に配置したほか、先週発表されたデンマークやスウェーデン同様、“3本線”は脇の下に入れられている。 黒パンツ、赤ソックスとの組み合わせ。3色それぞれが主張する感じは、個性的なタレントが揃う彼ららしいデザインといえそうだ。 背面はこんな感じ。新ユニフォームを手にしたベルギーは、13日にイタリア、17日にスペインと親善試合を行う。

Read more

インテル、2016-17新ユニフォームを発表!ソックスは驚きのカラー

ロベルト・マンチーニ体制2年目を迎え、一時は首位に立つなど前半戦は好調さが目立った2015-16シーズンのインテル。前季の得点王マウロ・イカルディも16ゴールを挙げる活躍を見せたが、最終的には4位でCL出場権を逃した。 シーズン終了後、中国の蘇寧グループがクラブを買収(エリック・トヒル会長は留任)。このオフどういった動きがあるのか注目される。 Inter 2016-17 Nike Home そのインテルが6日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表。 ホームは伝統の“ネッラズーロ”(黒と青)を基調に、グラデーションを採用したデザイン。アクセントしてNikeのロゴ「スウッシュ」やスポンサーロゴなどに黄色を使用している。 そして、ソックスもなんと黄色!これまでにないインテルのイメージだ。 Inter 2016-17 Nike Away 白のアウェイは、袖に配された青と黒のバンドが印象的。バンドには細かいストライプが施され、首まわりを含めこちらも“ネッラズーロ”な一枚となっている。 アウェイのソックスは青。相手によってはこちらのソックスをホームと組み合わせることもあるかも?

Read more

アルビレックス新潟、2017新ユニフォームを発表!白鳥の飛翔をイメージ

2004年の昇格以降、J1で戦い続けているアルビレックス新潟。昨季はその中でもかなり厳しいシーズンとなった。 1stステージは13位。2ndステージも2度の4連敗を喫し、残り4試合という段階でクラブは吉田達磨監督の解任を決断する。片渕浩一郎コーチが監督へ昇格した直後のジュビロ磐田戦こそ何とか勝利したものの、ラスト3試合は全敗。ただ、名古屋グランパスの低迷に助けられ、得失点差でギリギリ15位での残留を果たした。年間勝ち点30での残留は18チーム制のJ1において最少記録である。 今季は昨季J3のAC長野パルセイロを率いていた三浦文丈監督が就任。レオ・シルバ(鹿島)、ラファエル・シルバ(浦和)、舞行龍ジェームズ(川崎)、小林裕紀(名古屋)など主力の移籍が相次ぐ中で、元日本代表の矢野貴章(名古屋)が5年ぶり、「ミスターアルビレックス」と呼ばれたベテランMF本間勲(栃木)も2年半ぶりにチームへ復帰している。 その新潟が14日、2017シーズンの新ユニフォームを発表した。 Albirex Niigata 2017 adidas Home ホーム(1st)はメインカラーであるオレンジを基調に、チームの象徴であるエンブレムをモチーフとし、そこにスピード・エネルギーの要素を取り入れたデザイン。 クラブの代名詞ともいえる白鳥が新潟の神秘的な青色の日本海を飛翔する姿を彷彿させる胸元の大胆なグラフィックは、アルビレックスとしての誇りと魂を胸に戦う選手、そしてチームが体現するスピード感あふれるプレーへの想いをイメージしている。デザインコンセプトは『Speed of Team』。 スリーストライプスはadidasの最新モデルらしく脇の配置。差し色は一見黒に見えるが紺である。 Albirex Niigata 2017 adidas Away アウェイ(2nd)はスピードとエンブレムの白鳥をイメージし、様々なシーンに合わせやすい白をベースにシンプルでシャープ、そしてファッショナブルなデザインを採用。 …

Read more

バイエルン 2017-18ユニフォーム アウェイ

2016-17シーズンはブンデスリーガ史上初となる5連覇を達成したバイエルン。5月に発表され、昨シーズンの最終節で着用した2017-18シーズン用の新ホームユニフォームに続き、6月30日に新しいアウェイユニフォームが発表になった。 この色と太い胸のボーダーに「ああ、あの頃のユニだ!」と、ピンときた人も多いかもしれない。ちょっと懐かしいデザインだ。 Bayern München 2017-18 adidas Away 新しいアウェイユニフォームは、ちょうど20年前の1997年から2シーズンに渡って使用した、“ホームユニフォーム”のデザインを落とし込んでいる。 1997-98シーズンは、カーン、エッフェンベルク、ショル、マテウス、エウベル、ヤンカー、バスラー、タルナトといった選手が在籍。リーグ優勝こそカイザースラウテルンにさらわれたが、12年ぶりにドイツカップ(DFBポカール)で優勝を遂げている。 クラブの公式Twitterでは、1998-99シーズンからチームに加わったハサン・サリハミジッチの、懐かしいユニフォーム姿を見ることが出来る。 背面にはアーチ型のチーム名と、その上にはクラブのモットー“Mia San Mia”(俺たちは俺たち)をプリント。 パンツとソックスも、シャツと同じくネイビーがベース。ソックスにはメーカー名と“FCB”のグラフィック入り。 ブンデスリーガ史上初の6連覇を目指す2017-18シーズンは、リーグ史上初の通算勝ち点3,000ポイント到達が予想される(昨シーズン終了時点での通算は2,972ポイント)。 歴史的な瞬間に立ち会うかもしれないこのユニフォームは、adidasオンラインショップやクラブ公式ショップなどで販売中だ。

Read more

北海道コンサドーレ札幌 2018新ユニフォーム ホーム

北海道コンサドーレ札幌は2017シーズン、5年ぶりにJ1へ復帰。 最近2回の昇格時(2008年、2012年)はいずれも最下位での降格を余儀なくされていたが、今回は特にFWジェイ・ボスロイドが加入した後半戦、見事な戦いぶりをみせた。特にラスト6試合は5勝1敗の成績を残し、11位でJ1残留を成し遂げた。 クラブはさらなる高みを目指し、新たな指揮官に浦和レッズ前監督のミハイロ・ペトロヴィッチ氏を招聘。四方田修平監督はヘッドコーチとしてチームに残留する。 その注目の2018シーズンに向け、札幌は11月29日に新ユニフォームを発表した。 Hokkaido Consadole Sapporo 2018 Kappa Home ホーム(1st)は、北の大地の力からインスピレーションを受けた、新たな赤黒の縦縞を採用。 そして、北海道を代表して戦う思いを込め、背中に北海道のシルエットを配置した。サプライヤーは13年目を迎えるKappa。 来年2018年は「北海道」命名から150周年。 新ユニフォームは『北海道の力』をコンセプトに、北の大地から、そしてサポーターからのエネルギーをパワーに変え、力強く戦い続けることを表現している。

Read more

ヴォルフスブルク 2017‐18 ユニフォーム

今季のヴォルフスブルクは、1997-98シーズンの1部初昇格から20周年を迎えた。 そんな節目のホームユニフォームは、これまで見たことがないホリゾンタル・ストライプ。元々ユニフォームのデザインに関しては一貫性を欠くチームだが、これはちょっとした驚きだった。 今季ここまでの成績に目を向けると、引分けが多過ぎて低空飛行が続く。ウィンターブレイクを良い気分で迎えるためにも、12日に行われる年内ホーム最終戦(対ライプツィヒ)は、是が非でも勝利が欲しいところだ。 VfL Wolfsburg 2017-18 Nike Home ホリゾンタル・ストライプに、大きく「X(エックス)」を落とし込んだ独創的なデザイン。ホームのユニフォームエックス柄は、2014-15シーズン以来3度目となる。胸のスポンサーは、お馴染みフォルクスワーゲン社のロゴマーク。 ストライプは背面にも。肩周りは今季のNikeのテンプレートといえるラグランスリーブ。首周りやボディ脇部分の差し色にはブルーを配した。 パンツはグリーンを、ソックスはホワイトをそれぞれ基調とする。左袖のスポンサー“UPS”(United Parcel Service)は、アメリカ合衆国の貨物運送会社。 選手着用の背面はこのような感じで、ネームナンバーはブルーを基調とする。背番号はホワイトの縁取りでチームエンブレム入り。

Read more

京都サンガF.C. ユニフォーム激安通贩

メーカー:ワコール (Wacoal) メーカーカラー: パープル シーズン:2017 素材:ポリエステル100% 商品詳細: 京都サンガF.C.は、日本の京都府京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、京田辺市、木津川市、亀岡市、南丹市、京丹波町をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 商品特徴: 1.吸水速乾メッシュ素材を利用し、Y脇下に通気ネットがあります。 2.通常のインナーシャツで使われる比率に近いポリウレタンにより、抜群のストレッチ性を実現。 3.クモ糸のように細く、ゴムのように伸び縮みするポリウレタンを10%配合。ツルツルした伸縮性のある軽量ユニフォームに仕上がっています。

Read more

ポカジュニアーズ ユニフォーム激安通贩

メーカー:NIKE/ナイキ   メーカーカラー:ホワイト&ブルー シーズン:2016             素材:ポリエステル100% 商品特徴: 1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。 2.ポリエステル生地、変形しにくいです。 3.カジュアルで快適、上半身の効果は良いです。 4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

Read more